より良きBMW E46 ライフのために

日記風備忘録ですが 読まれる方の整備&改修アイデアの参考になれば幸いです

フロントウィンカーのシルバー化

今回はオレンジ色になっているフロントウィンカーの交換です
 

説明は長くなりますが、作業自体は すごく簡単です

f:id:boku-neko:20200829202833j:plain

 

 

 

透明化に伴い新しい電球(オレンジ電球)を購入

まず、作業に入る前に 今回カバーが透明になってしまうので

オレンジ色に発光させるために、電球自体がオレンジ色に発光する電球 (ナス球)を

用意しなくてはなりません


規格は12V・21W のナス球であるが、純正は左のように透明

f:id:boku-neko:20200829202843j:plain

 

カバーを透明にするならば、これを 右のオレンジ色に変えねば

違反になります (白く発光するからね)



あと、
購入時に気を付けねばならないのは、ピンの角度です

f:id:boku-neko:20200829202857j:plain



おわかりだろうか
同じナス球 (同じワット数)でも、 ピンの位置が直線的に平行(180度)であるのと
150度の角度が付いているのがあるのです

 

 

さらにややこしいのは E46後期型では フロントウィンカー球が角度ピン

リアウィンカー球が平行ピンと異なるのです

 

ネット販売で、 自分の車種を登録した店に ナス球を注文したとき
「 ご注文の品は平行ピンですが、お客様のお車では角度ピンになります。
こちらのページから再度ご注文ください 」と言われたことがあります

 

お店の人も知らない場合があるのです
同じ車種でも前後で違う場合があることを。。

 

そこで
「 いやいや 確かにフロントは角度ピンなんですが、リアは平行ピンです
確認済みなので、そのまま平行ピンを送ってください。大丈夫です 」と返信し

送ってもらいました

 

 

もし 自分で確認してなかったら、言われるままに 注文し直してたところです

ゆえに ここのところは、確実に自分で確認してから注文することをお奨めします

 

注:E46後期だから 前後が異なるという訳ではない。排気量・生産時期によっても違うかもしれない
そういう意味でも 自分で確認してください

注:さらに調べてみたら同じ後期型でもグレードによって前後同じピン型である車種が確認できました

 

 

 誤って買った場合の裏技

そして、 間違ったものを注文してしまったら どうなるのか

ソケットに入らず、まったくのムダになるのか

 

じつは泣く前に ちょっとした 裏技があるのです

 

ピンの1つを ヤスリで削ってしまうのです

f:id:boku-neko:20200829202909j:plain

 

これで ソケットに入ることは入ります。 そして点灯もします

 

ただ、ひっかかる部分が1つしかないことになるので、 衝撃により外れないとも限らない
ソケットにハマってる堅さと 形から言って、まず取れることはないとは思いますが
「 1つの爪でしか ひっかかっていない 」という原理的な脱落の危険性があるので
やるなら自己責任でお願いします

 ( そもそも間違って買った自分が悪いんだしねw )

 

 

 

ウインカーカバーの購入

そして、次に購入するのは ウィンカーカバー

f:id:boku-neko:20200829202921j:plain

 

もちろん、ヤフオクで購入です
8,000円くらいだったと思います

 

 

 

取り付け作業

そして取り付けになりますが

これも作業自体は簡単ですが、細かく注意すべきところがあります

 


まずボンネットを開くと ○印の穴の奥にネジがあります

 

f:id:boku-neko:20200829202932j:plain

 

 

そこに +ドライバーをつっこみ、 回します

f:id:boku-neko:20200829202943j:plain

 

 

ポイントは 最後まで回し取らないこと
ひっかかってる金具がゆるんで カバー本体が取れれば良いので

ネジを回すのは途中までで良く
もしネジを全部回して完全に抜いてしまうと

それ受けるナットが下に落ちて 行方不明となり泣くことになります

 

 

そして緩んだところで、 カバーを前に引き出します

f:id:boku-neko:20200829203001j:plain

 

たったこれだけです

 

 

 

あとは 車につながっている茶色のソケットを 少し回して

電球ソケットをカバーから外せばカバー本体だけが取れます

f:id:boku-neko:20200829203011j:plain

 

 

 

正しいカバーの装着は逆の手順ですればOK

f:id:boku-neko:20200829203129j:plain



日曜大工にもならないくらい簡単な作業です

 


ちなみに

こんなことで ディーラーは 数千円も取ります
部品代は別で工賃だけです

 

知識があるかどうかの技術費という訳ですが

これに関しては とても簡単にできる作業なので

ぜひ 自分でチャレンジして欲しいと思います

 

 


 

 

オレンジ電球をシルバー電球に変更する

 

道路交通法に則った交換作業は完了したのですが
このように 数百円のオレンジバルブ をつけると

やっぱりカバンの中身のオレンジ電球の色が目立ってしまいます

 


特に 真正面から見ると

f:id:boku-neko:20200829203149j:plain

 

オレンジ色 多すぎ (ノД`)

 

電球の色が反射板でオレンジ色に反射し

全体的にオレンジ一色となり
なんのために クリアーカバーにしたかわかんないくらいです

 

そこで、こういうシルバーコーティングされた電球に変えます

f:id:boku-neko:20200829203038j:plain



右が普通のオレンジバルブ

左がシルバー加工されたシルバービジョン(日本フィリップス社製)です

 


通常のオレンジバルブは2個 200~300円ですが

シルバービジョンは2個セットで3,000~4,000円もします

f:id:boku-neko:20200829203047j:plain

 

 

これだけで済むなら値段的に我慢もできますが
実際はフロントを変えれば サイドとリアも変える人が多いので
結果的に 電球交換だけで9,000円ほどにもなってしまうという

地味に高くつくモディファイなのです

 

貧乏人には非常に痛いモディファイですが

しかし変えるだけの価値は十分にあるモディファイ。。

であることはこのあと最後まで見ていただければ

きっとわかっていただけるはず・・・・



上記のカバー交換作業を もう一度行い

f:id:boku-neko:20200829203058j:plain

 

 

これに取り替えて 装着し直すと

f:id:boku-neko:20200829203122j:plainf:id:boku-neko:20200829203129j:plain



 

う~む・・ なかなか

 


真正面から見ても

f:id:boku-neko:20200829203142j:plainf:id:boku-neko:20200829203149j:plain



 

ま、大体良いでしょう


厳密に言えば 多少オレンジ色が残っています
別の製品で クロムバルブというのがありますが

 これならホントにオレンジ色はなくなります

 

が、

 

光量が少なすぎるのです

 

21ワットで、あそこまで銀色化するには無理があるように思われます
車検にさえ通れば考え方は人それぞれですが

私は安全のためにも 多少の妥協はやむを得まいと考えました

 

注: この考えからか、最近 27ワットのクロムバルブが出たらしい
これなら光量も十分で、色の心配もないと思われます
しかし私は これ以上無駄遣いはできないので 買ってはいません

上の比較写真を見て気になる方は 購入を検討されても良いと思います

 

 

 

 

 

 

 

そして、 すべての交換完了後の写真



なかなか良くなったんではないでしょうか
オレンジ色に比べれば・・ ですけど。

 

 

 

昨日の経費:5,000円 今日の経費:11,000円

 

 

作業工賃:プライスレス 作業工賃:プライスレス