より良きBMW E46 ライフのために

日記風備忘録ですが 読まれる方の整備&改修アイデアの参考になれば幸いです

内装トリムの考察と加工

今日のモディファイは トリムの加工で 内装をいじります

 

 

トリムとは何か

トリムとは 下の緑色の部分のことなんですが

f:id:boku-neko:20200829212600j:plain

f:id:boku-neko:20200829212610j:plain


ここが純正では 黒いゴム材質になっています。 (Mスポは違うみたいだが)

 

 

ゴム材質ゆえに、ちょっと爪で押したくらいで筋傷がついてしまいます
ウチでは愛犬が窓から外を見たがるため、このままでは爪傷だらけになってしまいます

 

しかし、それよりもゴム材質ゆえに、 見た目 すごくチープ な印象が拭えません
安っぽく 艶のない うすい黒色 って感じなのです

天下のBMWの内装なんだから  もうちょっと良いものを使えばいいと思うんですけどねぇ

3シリーズだとしてももう少し考えてほしいものです

 

 

そこで これを交換なり 加工なりするわけですが、

 

ディーラーから貰ってきた オプションパーツのカタログを見てみると

f:id:boku-neko:20200829212618j:plain


これが もっとも人気がある、そして最もやってる人が多い シルバートリムです

 

他には こんな柄物もあります

f:id:boku-neko:20200829212629j:plain


でも 柄モノは ちょっとなぁ・・

 

 

 

やっぱり、シルバーが一番スポーティで カッコイイんですが
写真のようにハンドルが3本スポークなのはクーペかMスポーツタイプで
庵号のセダンは 4本スポーク・ハンドルなのです

 

あえて区別するなら
3本スポークは スポーティで、4本はラグジュアリーを求めた印象と言えます

 
4本スポークのラグジュアリーに、 シルバーのスポーティさを混ぜてもなぁ・・・

 

空間も狭く見えるし・・・

 

 

とそこまで考えると、

ここはカーボン柄のコレを狙った方がいいように思えてきました

f:id:boku-neko:20200829212642j:plain

 

この写真はカタログをそのまま撮影したために カーボン柄が潰れ

良さがわからないんですが
カーボン柄は高級感もありなかなか良い感じです

 

 

そこで、 横の価格表に眼を移すと

f:id:boku-neko:20200829212652j:plain

ダッシュボード & ドア のパネルセット

89,670円 (- -ノ)ノ

センターコンソール用

16,485円 (- -ノ)ノ

 

合計 106,155円 (- -ノ)ノ

取付部品、工賃別

 

・・・・正気ですか?

こんな飾りパーツに

 

 

 

とはいえ、BMWの言い値ですからね 仕方のないことなんですけどね   (▼▼メ)

 

 


言えることは、

 

確実に 無理 ってことです   (ノд<。)゜

 

 

 


ということで 今回は諦め・・・

ては、 ブログ的にも面白くないので    頑張ってみます

 

 


気合いで

これを   自作します ∠( ̄∧ ̄)

 

 

 

 

 

自作でトリムの柄を作ってみる

まず素材となるカーボンシートですが、目立つところだけにプリント柄ではダメです
本物のカーボン素材を探します

 

 

ホムセンやら色々行った結果、ありました。 オートバックス
リアルカーボンシート 約16,000円

f:id:boku-neko:20200829212705j:plain



高いけど、 なかなかグレイトな代物。
繊維状のカーボンを平らに束ね、それを織り込んで、透明樹脂でコーティングしてあります


事前に 折りしろまで含めた面積計算をした結果、 後部座席分まで含めて、
ギリギリで収まる大きさでした
ちょっとでもミスったり、 失敗すると さらにまた1万6千円がかかることになります
( 小さいのを追加購入しても、 横に長く必要な物だから 長さが足らないからね )

 

 

そして、 トリムの取り外しには コレを使います

f:id:boku-neko:20200829212715j:plain
内装剥がし 500円 (くらいだっけ?)


こんなもんに500円かよ。 と言うなかれ
内装のピンの他にエンブレム剥がし、モール剥がし・・・と、 とにかく使用用途が多く
しかも スパッスパッと作業できます

 

ドライバーなどの代用品いい。という人もいますが、金属で傷を付ける可能性もあるし
傷つけないためにタオルで巻いたりと 面倒です
これだと傷の心配は ほぼ無いし、とにかく楽です

 

1度500円で買っておけば、かなり重宝する用品です

 

 

で、これを トリムの間、 最初の写真の緑色と車体の間に入れて
テコの原理で フムッ! といきます
躊躇しながらの作業は意外に良くありません。 丁寧に且つ大胆にいきます
すると結構あっけなく取れます

 

 

次に シートを貼っていきますが、 これが結構キビシイ
織物カーボンに 透明樹脂加工のシートだから、 かなり厚みがあって とにかく硬い
3M社の伸びるシートのようにはいきません
裁断面も、何というか 布を切った感じ? 繊維がビロビロ出ています

 

 

しかし、ココも気合い! カーブに切り込みを入れたり、気合いで伸ばしたり・・・
なんと言っても 10万円かかるところを1万6千円ですまそうとしてるわけです

 


伸ばすときにドライヤーを使って温めてから作業する人もいますが

このシートには どうも効かないような気がしたし
めんどくさい感じだったので気合いだけでやりました
今考えれば ドライヤーくらいは使った方が 少しは楽だったかも

 

 

そして、完成 ( 以降の写真は拡大して素晴らしいデキを ぜひ拝んでくれたまえ )

f:id:boku-neko:20200829212727j:plain

f:id:boku-neko:20200829212737j:plain

f:id:boku-neko:20200829212747j:plain

 

 

なんかよくない? よくない?

 

つか、10万円のより良くない?   (⌒∇⌒)

 

 

 


近寄ってみると、 こんなにキレイです

f:id:boku-neko:20200829212755j:plain

 

 

 

 


今日の経費:16,000円 (気持ちの上では10万の物だと思いこむ)
作業工賃: 0円
嬉しさと満足度:プライスレス