より良きBMW E46 ライフのために

日記風備忘録ですが 読まれる方の整備&改修アイデアの参考になれば幸いです

ドアノブの分解&同色化作業 (成功編)

   今日の作業は必見です! (`・ω・´)b

 なんと言っても、 いまだ どこのサイトにも書かれていない情報なのだ

 整備手引書があればわかることだけどね

 

前回 ドアノブが外せないことから やむなく塗装を試みて 

みごと失敗 したわけですが

 

かと言って、カッティングシートを使うとなると

どうしてもドアノブを分解しなくてはならない。

 

でも 分解手引書など、 素人が手に入るわけもない

 

 

そこで、 現物を見ながら よーく考えたのである!

 

 

行き当たりばったりのドアノブ分解手順

まず、ドアを開くと 下のような ゴムのポッチがあります

f:id:boku-neko:20200830090055j:plainf:id:boku-neko:20200830090052j:plain

↑  左:前ドア       右:後ドア

 

 

このゴムのポッチをマイナスドライバーを用いて取り外します 

 

取り外し方ですが

よーく見ると、前ドアのポッチは二重構造になっていますので

まず 凹となっている所にマイナスドライバーを突っ込み、内側のプラを外す

内側を外せば、外枠は簡単に外れます

 

後ドアは 単純なゴムパッキン状態なので、 そのまま簡単に外れます

 

 

そして この穴を 車体方向から外側の方へ のぞきこんでみると
f:id:boku-neko:20200830090310j:plain



このように【六角レンチ】の穴が見えます

 

そこに 5mmの六角レンチをぶっこんで 回す

f:id:boku-neko:20200830090313j:plain

 

すると、 まず ドアノブの後ろ側が取れるのです

 

ここから先がさらに悩みどころですが 

この取れた部分を覗き込むと、 さらにネジっぽい物が見える

f:id:boku-neko:20200830092333j:plain

 

 

さっきの所から よーく覗き込むと、これは【トルクスレンチ】の穴なのである

f:id:boku-neko:20200830090229j:plain



トルクスレンチについての説明は 省略 

変わった形(星形)のネジ頭とでも思ってくれて良いです

それに対応するドライバーは、ホームセンターに行けば売っています

 

売ってはいる・・・が、 ここで注意

 

ホムセンで売っている 安くてお得なのといえば、

 下のような 小型セットであるのだが

f:id:boku-neko:20200830090232j:plain
これでは ダメ なのです

長さが足らずネジ穴に達することができないのです

 

これは本当に注意で

ネジ穴まで距離があるので、必ずドライバータイプの物を買って欲しい

 

トルクスネジの大きさの番号は T15 で 

それを 下のように、 最初の穴からぶっこんで回します

f:id:boku-neko:20200830090235j:plain

 

余談なんですが、

穴から覗いただけでは、T10番か T15番かわからなかったので

私は六角レンチを持ってホムセンに行き、六角レンチを使って取り外す作業工程までは

駐車場ですぐできる準備をして、トルクスレンチのT10番をまず購入

そして駐車場で分解して合わせてみたのだが、小さすぎたので 即 レジに戻り

「すいません、つい今買ったんですが 思い違いで必要なのは10番でなく15番の方でした。

すいませんが取り替えてください」と言い

すぐに変えてもらった

一度 家に帰ってからでは、レシートがあっても

「おめー使って、用済みになってから来たんだろ (¬_¬) 」と思われかねません(笑)

 

貧乏人は 絶えず先を読む行動をしなくてはならない

これぞ 貧乏人の心得、 貧乏人根性である (`・ω・´)ゞ

1本 600円くらいだがバカにはならない

 

 

さて、
トルクスレンチで回すと、 下図のように手前に外れそうになる

回す程度は 抵抗なく手前に引ける程度です

ここで引っかかるようなら まだ回し足らない

f:id:boku-neko:20200830090239j:plain

 

次に、 大きな矢印方向へ 「むんぐっ」 と引っ張る

当然 この方向に動かすわけだから、小さな矢印方向に動かすこともしておいて

そこの出っ張りを穴から出しておくことも必要だ

 

すると取れる
f:id:boku-neko:20200830090242j:plain

 

先端は このようになっているが、 この所が重要

ここの窪みに、ドア内部のある場所をひっかけ、前に押すことによってドアが開く。

たぶん、作業中ドアを閉めてしまうだろうが この構造を知らないと大変なことになる

( ドアを閉じないで作業すればいいけど )

 

で、ドアノブを取り外すとこんな感じになります
f:id:boku-neko:20200830090245j:plain

残ったゴムパッキンは 指で簡単に外れます

引っかかってる構造は見ればすぐわかるので省略


これで ドアノブとその根本のゴム が取れたわけですが・・・ 

ここから先の(シート張りの)作業が長くなる ってことを忘れないでください

 

 

最大の注意点

上にも書きましたが 

ここでこの写真のようにドアを閉めてしまっては、もう開くことができない のです

ドアの取っ手がないですからね

半ドア状態でも 引っかかってしまう以上ドアが開かなくなります

窓を開けていてもダメ (内部からも開けられなくなることがある)


かといって、これから長時間 ドアを開けて作業するわけにはいかない

室内灯でバッテリーが上がってしまうからです

 

もしバッテリーの配線を切らずに、かつバッテリーが上がらない方法で作業したいなら

または駐車場と自宅が離れており、防犯上 ドアを開けたままにしておけないならば

今後のカッティングシート張り作業は このようにドアを閉めて行うことになり

 

その作業終了後、上に書いたように ドアノブの窪みを内部に引っかけ、ドアを開ける

と言う技術が必要になるのですが、これはもう手探りのカンになります

 

それが怖かったら、バッテリー上がり覚悟で ドアを開けっ放しで作業するか

バッテリーの配線を切ってから作業するしかありません

 

手間はかかるがバッテリーを切ってドアを開けぱなしで作業をするか

手探りのカンに頼る作業にするか、どちらの方法を取るかは作業者に任せますが

 

最悪お手上げ状態になることも考慮すると

この ドアノブを取る作業は 必ず1つずつ作業 することをお奨めします

もし どうしてもドアが開かなくなっても、ドアノブがついた他のドアから乗り込み

ディーラーまで運転することができるからです (内側開閉すらできなくなる場合がある)

4つ全てを一気に外して、どのドアからも乗り込めない状態になったなら

レッカー車を呼ぶしかなくなるのです

 

まぁ この手探りでドアを開けるってのは

一度外して  その場で何度か練習すればほとんどの人ができると思いますが

 

 

カッティングシートを貼っていく

そして、カッティングシート張りの作業に入って行くのですが

 

ドアノブ本体は たいした曲線もないので、簡単に貼れると思う

問題は 根本のゴムです
f:id:boku-neko:20200830090248j:plain

 

ベースがゴムということで、力で引っ張っても伸ばしにくいので

作業前にドライヤーを用意しておくことをお奨めします

 

カッティングシートは 下図のように上から被せるように貼りますが
f:id:boku-neko:20200830090251j:plain



(見栄え上)重要なのは 側面です

今見えている写真アングル方向は、正直 どうでもいいのです

どうせドアノブ本体に隠れて見えないし

 

重要なのは この方向から見て横側、側面です

そして そこは曲面が多い

 

ここは ドライヤーを使って シワが残らないよう 慎重に作業すべきところです

 (下の完成写真を見れば その重要性がわかります)

 

外側の側面がシワなく 作業が完了したら、 内側の穴の部分は

下図の赤線のように切れ込みを入れて
f:id:boku-neko:20200830090255j:plain



不要な部分を切りつつ、 内側に丸め込んで穴を出します

ここら辺は 完全に見えない部分なので、 慎重になる必要はありませんが

いい加減に処理すると そこからめくれ上がる危険性がないとも言えないので

見栄えよりも機能的に

将来的に剥がれることがないように計算しながら作業を進めていく必要があります



 

そして 完成   (・ω・)/

 

f:id:boku-neko:20200830090258j:plain

 

 

か、完璧やん   (*゜▽゜ノノ゛☆ ハイ拍手 拍手

 

  

しかも、 この 同色化具合 ↓
f:id:boku-neko:20200830090301j:plain

 

 

完璧すぎます!

すごーい   (* ̄Oノ ̄*) ほほほほ

 

 

上のシート張り作業で、側面が大事と言ったのは この角度からの視点で

1番目に入り、気になる所だからです

 

ちなみに、ドアノブの内側(黒いままの所)は

溝に合わせて あえてシートをカットし 黒い面を出している

f:id:boku-neko:20200830090044j:plain



これは よく触る部分であることと、ここだけが黒い方がシャープに見えて

カッコ良く見えるからです


言い忘れていましたが

運転席側のドアノブにだけ鍵穴があり、他とは違っていますが それも 問題なく取れます

他と同様の作業でできます

カギの装置ごと バコッと取れる のです

 


で、

「そんなこと 公開して大丈夫なの?」 と思うでしょうが (私も 少し悩んだのですが)


作業していく工程を見直して欲しい

一番最初にドアを開かない限りは、この作業は開始できない のである

つまり、 公開したところで 防犯上 なんの問題もない のです

 

 


安心したところで、拡大できる写真も公開してあげましょう♪ 

綺麗に同色化しているところを充分に堪能しておくれ
f:id:boku-neko:20200830090047j:plainf:id:boku-neko:20200830090049j:plain 

↑ クリックで拡大

 

 

なんか だんだん補修作業が楽しくなってきました