より良きBMW E46 ライフのために

日記風備忘録ですが 読まれる方の整備&改修アイデアの参考になれば幸いです

320i 届いた!(エンジンフィーリングについて)

やっと 320i  が納車されました  という本体パーツが届きました

 

全体インプレは長くなりそうなので次回に持ち越して

今回は納車レポ(初乗車レポ)になります

 

エンジンフィーリングがまるで違う

納車は陸運業者から積載車で自宅前に届きました

そこで運送兄ちゃんと

「ウチの父もBMW乗ってて次の車もBMWにしたんですよぉ

なんか乗ってて楽しいらしくて。

BMWに乗ってる人は次もBMWに乗る人が多いらしいですねぇ」

などという雑談をしつつ積載車から車両を降ろして、受取にサイン

 

そして、とりあえずは賃貸の駐車場まで動かさないといけないので

運送兄ちゃんにバイバイして、エンジンをかけてみると

 

ブォォン

な、なにこれ 全然違う

 

これが噂に聞く シルキーシックスってやつですか!

 

 

不快な音は  逆に響かない

家族を乗せる為に家の前で待っている状態(アイドリング状態)ってありますよね

318iの頃は

結構そのエンジン音が漏れていて

「もう 早くしてよ。ご近所さんに迷惑でしょ」と思ってしまう位の音がしてたんですが

320iでは そんな感じがしないのです

 

音質的にはそんな感じですが、実際の音量としても

エンジンをかけたまま 一旦家に戻った場合、門扉から玄関前の距離で

「あれ?エンジン止めてたっけ?」と思うくらい聞こえません

318i の時は明らかにエンジン音が聞こえていました

 

 

もちろん廃車直前の雑味満載のエンジン音と

整備直後のエンジンを比べたら違うのは当たり前なんですが

それを差し引いても

直列4気筒直列6気筒ってだけで

こうも違うのか

と思えるほどです

 

エンジンルームを比べてみる

排気量的には1980ccから2200ccに変わっただけですから

たった200ccほどしか変わっていません

しかし エンジンルームを開けて見ると

 

↓ E46 318i (直列に4気筒

f:id:boku-neko:20200831181234j:plain

f:id:boku-neko:20200831181228j:plain

↑ E46 320i (直列に6気筒

 これくらい、エンジンの大きさに差があります

 

 

ちょっとわかりにくいので写真を追加します

↓E46 318i (直列に4気筒)

f:id:boku-neko:20200831181245j:plain

f:id:boku-neko:20200831181239j:plain

↑E46 320i (直列に6気筒)

 

「2気筒増えた」という見方ではなく

「4個が6個に増えた」という倍率でみれば、1.5倍になるわけですから

これだけ長くなるってのも当たり前といえば当たり前なんですが

 

この違いで Feeling も全く変わってくるんでしょうね

「なんか乗ってて楽しいらしくて。BMWに乗ってる人は次もBMWに乗る人が多い」

って言うのもわかります。実感しました

 

静かは静かなんですが、これは楽しい音と振動です

 

 

 

不満・・ と言うか違和感がないわけではない

ただ、不満も少し感じました

 

想像以上の好感触だったんで、車庫入れで終わるつもりが給油までしようと

ガソリンスタンドまで走ってみたのですが

「ん・・・ なんかシフトチェンジの感じが違う」 のです

 

ATなんで自動で変速するのですが

回転数から「え?そこじゃないだろ」という所でチェンジします

気になったので調べてみたら 318iは4速AT320iは5速ATなんですね

 

まぁ こういうのは不満というより慣れなんですが

11年感じてきた「ここだろ」っていう所が

違う所で変速するんで、この慣れはちょっとかかりそうです

個人的には318iの4速ATのタイミングの方が好きですね

お手軽なキビキビ感では4気筒4速ATの方が勝ってるような気がしないでもないです・・・

 

でもまぁ  そんなことなど吹き飛ばすくらい

 圧倒的に楽しい ですね!

 

というのがファーストインプレッションでした