より良きBMW E46 ライフのために

日記風備忘録ですが 読まれる方の整備&改修アイデアの参考になれば幸いです

洗剤による樹脂パーツの黒さ復活のその後(検証)

整備工場へ強制連行された 旧 318i ですが

時間を見つけてはその整備工場へ足を運び

こんな感じで 新旧並ばせてパーツ交換をしております

 

本日のパーツ交換作業内容

今日は  このように車を並べてタイヤ&ホイール交換完了

f:id:boku-neko:20200831200518j:plain

古い車の方は廃車にするといっても、このように並んで『交換』をしないと

取ってしまうだけなら「タイヤなしの車」になっちゃうのです

 

廃車にする車に新しい車のタイヤとホイールを付けて捨てることになり

もったいないんですか、まあそこは整備工場の方がうまく資源利用してくれるでしょう

 

同様に テールランプのカバー 「オレンジ」→「ホワイト」の交換作業もやりました

これも再装着しないと「カバーなしの電球剥き出しの車」になってしまいます

f:id:boku-neko:20200831200525j:plain

リアウィング、リアスポイラー、頭上のツノ(アンテナ)が、まだ違ったままですが

ここらへんは再塗装してからの交換作業になるので、まだ先になります

 

独自方法による黒さ復活剤(?)の耐久性報告

さて、そんな中  気になる箇所があったので記念に写真を撮ってきました

f:id:boku-neko:20200831200531j:plain

ちゃんと日付入りでね

 

 

なんの話かって言うと、 今年の夏

古い樹脂パーツの黒さ復活剤・・っている?

として、洗剤能力pro で樹脂パーツの黒色復活するという記事を書いたのですが

 

それが何ヶ月も維持できてるものか?ということを検証してみたかったのです

それをした 318iを触れるのも  あと少しの間ですからね 

 

洗剤能力pro を使ったのは7月月末

  •  それから1週間後にブログを書いて (1週間後
  •  10月1日に写真を撮り (2ヶ月後
  •  今回 12月10日に写真を撮ってみました (4ヶ月後

 

撮った写真を並べてみます

f:id:boku-neko:20200831200537j:plain

f:id:boku-neko:20200831200545j:plain

f:id:boku-neko:20200831200550j:plain

 

今年の夏は記録的猛暑で、超大型台風も多く、雨風 紫外線 と最悪な4ヶ月でしたが

雨風 台風 紫外線と晒されても ほぼ完璧に残っています

変化ありません

 

特にゴシゴシしたわけでもなく、軽く拭いただけ

部分的には液体が触れただけ(痕跡でわかる)でも、これだけ長期間維持できるんなら

本当に黒色復活剤っていらないんじゃ?と思えてしまいます(笑)

 

ちなみに、

樹脂パーツを黒く戻すやり方として、「バーナーであぶる」という方法がありますが

私は好きではありません。というか(個人的に)ぼほ やりません。

よくある失敗で「炙りすぎてパーツが歪んでしまった」というのがありますが

成功したとしても 作業中に全体的に熱を持ってしまって

あとあと装着時に全体的に歪んでしまって噛み合わないということがあるからです

絶対やらないわけではありませんが、そういう危険性が高いので極力やらないように

しています

セミプロ並に自動車修理になれたなら問題ないと思いますが)

 

バーナーを使いたくない方、または 場所的に簡単に脱着できずガラスにも近くて

バーナーが使えない場所に、この洗剤を使ったやり方を試してみるのは如何でしょうか