より良きBMW E46 ライフのために

日記風備忘録ですが 読まれる方の整備&改修アイデアの参考になれば幸いです

ボクネコ号 復活!(バンパー&ウィング取付)

やっとのこと  ボクネコ号の外観が復活しました!

f:id:boku-neko:20200831213943j:plain

 

復活と言っても、この11年間のこのブログを全部読んでない人にはわからないので

 

超簡単に説明すると

318i ドノーマル → ノーマルは格好悪いと非難される → 外観改造を頑張る

→ 外装できる → 11年たつ → 外装(ボンネット等)ボロボロ → 塗り直しを決意

→ 塗り直し以前に本体がヤバイ → E46 318i から E46 320iに買い直し (ドノーマル外観)

→ 318iの外観に戻す

 

という流れで、最後の方だけ写真説明すると

これが318i 終盤の姿

f:id:boku-neko:20200831181503j:plain

 

そして 320iを買う

f:id:boku-neko:20200831181508j:plain

リミテッドながら、外観は当然ノーマルです

 

2018年12月06日

E46 320i limited 外観レビュー

 

これに318i時代のパンパーとウィングを再塗装し、取付け

一枚目の写真に戻った! というわけです

 

 

 

 

ところで、

その11年前のブログには、散々ああしようこうしようというコンセプトだけ語り

「結果 こういう意図でこうなりました。」 という説明がなかったので

 

今回良い機会なので、その11年前に書き忘れた完成後の説明も超簡単に書きます

 

f:id:boku-neko:20200831214237j:plain

① 下に巻き込んだバンパーが当時のアウディっぽい & 車体が小さく見える

→ 巨大な顎バンパーにすることで厳つさ 精悍さを出した

 

② 天井が高く、Cピラー辺りが丸いのでダンゴムシっぽい

斜め前から見ると  ずんぐりむっくり

→ 天井にアンテナと、(あまり好きではないが)羽根をつけることで

この緑色のラインの角度を少なくし、 平らに見せる錯覚を起こさせる

 

ということなのです

 

f:id:boku-neko:20200831213950j:plain

アンテナも しっかり再塗装して取り付けました

 

 

こっちの角度からの方が アンテナ&ウィングの効果が出て見えるかな

f:id:boku-neko:20200831214004j:plain

 

サイドモールのシルバー化は まだですが、これも時間を見つけて頑張ります

 

イカリングを点灯すると  こんな感じ

f:id:boku-neko:20200831213957j:plain

紆余曲折して やっとまともなボンネットに戻ったーって感じ

  (3年くらい前と全く変化ない感じとも言える)

 

エンブレムがノーマルの青白ですが、これも黒銀のカーボンに戻すか・・・は、考慮中

もうこのままでもいっかなって感じでもあります

それより 待ち時間で買いだめしたパーツがかなりあるので、

それをボチボチ取り付けていきます

 

しかし、こうやって改めてコンセプトから見直してみると

最近 新しいBMWが出ました

そこの動画を見てみると、

本家BMWのデザインコンセプトが  ボクネコ号に寄せてきたって感じがしない?

(細かいことも言えば、E46になかったイカリングやアンテナも付いたし、後部もえぐれた感じになったし)

 

11年かかって、やっとBMWデザイナーが 私のセンスに追いついてきたって感じやね

うんうん   (自画自賛