無駄遣い王の実体験談

業者じゃないです個人で爆買いしてるだけ。商品案件も受付けません。質問は大歓迎

【倉庫整理・宛名書きに超便利】エーワン ラベルシール(ラベル屋さん)買っちゃった

 これは便利なので、何度もリピ買いです

 

昔 テプラってのがありましたが    (というか、まだあるよね?)

あんな感じに「何かに名前シールを貼りたい時に使う」物です

 

そのテプラから乗り換えて今はこれを使っているのですが

どうしてテプラから乗り換えたのか、

どうしてこちらの方が良いのかを書きますね

 

 

 

まず消耗品として出費が必要なのは、今回買ったコレだけです

エーワン ラベルシール プリンタ兼用 24面 22枚 72224

エーワン ラベルシール プリンタ兼用 24面 22枚 72224

 

大きさはA4サイズを何枚カットしてあるかでシール一枚当たりの大きさが決まります

どのサイズ(カット枚数)を買うかは、お好み(使いたい用途)でどうぞ

私は 24面を使ってます 

 

 

上のは普通のシールですが

瓶のラベルにしたり、メルカリやヤフオクに商品に貼ったりするために

「剥がす必要がある」場合には こちらをどうぞ

私はだいたいこの2つをまとめ買いしてます

 

 

 

その他、野外用に雨に濡れても大丈夫な物もありますよ

野外設置のゴミステーションや倉庫用コンテナとかに使います

耐久力はまだわかりませんが、 上記2つの物が雨ですぐダメになったのに対し、それは半年以上は保っています。今回はその野外用は買っていないので、時間がある時に別に検証レポをしますね

 

 

 

 

 

☆必要な環境☆

 

必要な環境は  PC プリンター

プリンターはページプリンター(レーザープリンター)でもインクジェットでも良いと思いますが、私はページプリンターを使っています。理由はあとで書きますが、ページプリンターの方がこの用途に利点があります

 

それにA-ONEサイトにあるソフトをひとつ(無料) をダウンロードするだけです

 

 

 

 

☆はじめる前の準備☆

 

最初に、A-ONEサイトからラベル屋さん™ソフト9 というのをダウンロードします

使用条件はそこに書いてあります     最近のWindows、macなら問題ないでしょう

 

f:id:boku-neko:20190418131329j:plain インストールまで終わったら起動します

 

 

 

 ☆使い方☆

 起動したら、使うラベルシートの型番を入力しますf:id:boku-neko:20190419082101j:plain

 私は ノーマルシールの24枚切り、72224番で、もう暗記しちゃってます

なので「7・2・2・2・4・Enter」ターン(エンターを打つ音w)で終わりです

 

したら、シートの絵柄が出てくるので、合ってたら「決定」f:id:boku-neko:20190419082110j:plain

 


 

 

ここから、入力画面です

 

 

f:id:boku-neko:20190419082641j:plain

 1.シートの何番目に今回印刷するか確認する

初めて使うシートなら、当然一番左上なんですが、仮に前回までに3枚使ったのなら、今回使う場所は左の上から4番目となります。もう使っちゃって台紙しか残ってない場所に印刷しても仕方ないのでその場所チェックです

 

大層にチェックと言っても、当たり前の場所を見て確認するだけです

 

 

2.「文字」アイコンから「通常文字」を選ぶ

いろいろ凝った文字を使うことができますが、普通は何も考えずに「通常文字」でOK

 

 

 

 シール内に書く場所を、ドラッグで決めるf:id:boku-neko:20190419082807j:plain

 左上側を、左クリックで押したまま右下へダーッと流すだけです

 

 


 

f:id:boku-neko:20190419112304j:plain

① の場所に書きたい文字を書き

② の場所で文字の形、行間とかを決めます

 

 

ラベル書き等なら

通常は、これだけで デザインする作業は終わりです

 

 

 

 

が、説明のために、もうちょっとだけ凝った作業をします

 

f:id:boku-neko:20190419112312j:plain

この段階で、 もう一度「文字」→「通常文字」を選べば

今使った文章と違う大きさや色の文字を付け加えられます

 

        宛名書きで、住所と名前の大きさを変えたい時に使いますね

 

 

ラベル書きで、重要書類とか  ちょっと目立つようにしたい時は

「図形」→「四角形」を選んでf:id:boku-neko:20190419112447j:plain

 さっきと同じように  左クリックで押したまま右下へダーッと流すだけで

枠線ができます

 

 

 

同じシールを何枚も作りたい場合は、

f:id:boku-neko:20190419155139j:plain

 レイアウトのタブを押して

1.「コピー」を押して

2.貼りたい所をクリック(ピンクの色になります)

3.「貼り付け」を押す

これで同じのが2つできます。それ以上作りたい時は②を繰り返して③をするだけです。宛名書きで「差出人」つまり自分の住所氏名を複数枚作りたい時などに使いますね

 

 

「貼り付け」ボタンの下に「削除」がありますが、そこで削除をします

 

 

 

 

 

☆印刷☆

 

「印刷」タブを押して、できあがり状態を確認したら

②の「印刷」を押します。するとプリンターのウィンドウが開きますf:id:boku-neko:20190419112618j:plain

 ページプリンターなら、普通はトレイに普通紙を入れてる状態でしょうから

「手差し」の所にラベルシートを押し込んでセットし、あとは「OK」だけです

 

 

 

説明だから長々しく書いていますが、

私の場合だと

 

「あ、ラベル作りたいな」 

1.アイコンクリックで起動   ←道具すら何も出さない

2.72224 ターン (笑)

3.範囲指定して、文字入力

4.プリンターに手差しして

5.「印刷」ボタン ぽちっ

 

これだけで  おわりです

 

 

そして完成するのがコレf:id:boku-neko:20190419143829j:plain

 

 せっかくだから、余ったダンボールに貼ってみます

f:id:boku-neko:20190419143859j:plain

 

 ふと見上げると、この作業部屋の上の方に  こんな空間がありましたf:id:boku-neko:20190419143925j:plain

 

 置いてみると、ぴったりf:id:boku-neko:20190419143948j:plain同じ箱があれば、もう1つ上にも重ねて置けそうですね

 

 まぁ、私の部屋は作業部屋なんで、これでいいですが

普通の部屋だと見かけがちょっと・・w  ですよね

そこは 物置の中とか 会社の倉庫とかだと脳内変換して考えてください^^

 

 

こういう空間を利用する理由は、

たとえば、ある程度かさばって、他と一緒にまとめられず、滅多に使わないのに、要る時は要る物。。

たとえば、紙やすり(サンドペーパー)とか、 どうしてます?

 

使わない時は邪魔くさいのに、いざ必要な時は  どこを探しても見つからない

仕方ないのでホームセンターに買いに行く。。を繰り返し、溜まっていく。。

紙やすりは番数別にも必要な物なので、結構な量がたまります

 

そんな紙やすりは、ドライバーとかが入った道具箱とは別にして

ダンボールにまとめて入れて「紙やすり」とラベルを貼っちゃうのです

そうしたら  もう無駄な買い物をしなくてすみます

そしてその収納場所は、そう、こういう余った空間でOKなのです

                                                                     ラベルがあるので場所は  すぐ発見できます

 

 

 

ちなみに、 私の家の第2作業部屋の一面は、こんな状態になってますf:id:boku-neko:20190419145601j:plain

さすが通販の鬼。 すごいでしょ?w

でも作業部屋なんで、いいんです

 

コレ見て思い出しました

 

前に、ヒカキンさんの引っ越し前動画を見たんですが、撮影に使うために買った物が、(カメラに写らない)部屋の至る所に散乱しており、ある一部屋など  入ることが難しい程  ダンボールだらけになっていました。

ちょうどこの第2作業部屋みたいな感じですねw

でも、動画ネタ用で開封すらしてない物も多く、何が入ってるのか本人もわからない。そんなダンボールが部屋に散乱してたら、整理をする気力すら起こりませんよね。その動画を見た時、このラベルシールを持って助けに行けたらと思いました。とりあえず何が入ってるか、横からわかれば後から整理するにも、気持ち的にも凄く楽です

 

作業としては、ヒカキンさんが 中に何が入ってるのかを読み上げながら

私はf:id:boku-neko:20190419112304j:plain

この①へ  入ってる物を入力し、下のマス目に移動。次の品物もまた①へ書き‥‥

を繰り返して、20品目くらい書き上げれば、一気に印刷

 

そして散乱したダンボール20箱へ   ペタペタ

 で、終了です         ふたりで協力しながらなら  すぐ終わるでしょう

 

 

なにげにヒカキンさんで例えましたが、

引っ越しの時に使える技  ってことですね

お皿とかアルバムとか、割れ物注意とか、何を入れている段ボールか一目でわかるようになります

しかも  簡単な作業でです

 

 

 

最後になりましたが、

どうしてテプラから乗り換えたのか、どうしてこちらの方が良いのか

をまだ言っていませんでした

 

これを見てください f:id:boku-neko:20190419144013j:plainシールの残り6枚の状態です

 

何度もプリンターの中を走った台紙ですから、かなりヨレヨレになっています

でも、まだあと6回 ちゃんと使えるんです

 

わかります?

これね、すごいことなんです

 

 

 テプラの紐状シールより、このラベルシールの方が使い勝手が良いのは

じつは20年近く前から知っていました

そりゃ、横幅も広くデザインできるし、色もフォントも変えられる、何なら写真もOKだし、なにより適切なシール幅の紐テープを毎回セットしなくてもいい。

日常生活中に、ふと思い立って待機状態のプリンターで即打ち出せる利点が大きいです

 

が、しかし  従来のラベルシールには

致命的な欠陥があったのです

 

それは

A4シート1枚、1回しか使えなかった

 

回数で1回です。 つまり、デザインするシールが6枚なら、6枚のシールができますが、残り18枚分のシール残を残して破棄しなければならないのです

いま、1枚のラベルが必要だと思って作ったら、そのA4シートに残ってる23枚分は破棄せざるを得なかったのです

 

理由は、2回使うと必ずプリンター内に詰まるからです

しかも最悪なことに、シールという糊面がある紙がプリンター内部の機械に詰まるのです。上の写真を見てもらえばわかりますが、途中まで使ったラベルシールは台紙のツルツル面と、それに厚み分の段差を持つシール部分が存在します。しかもローラーを通過したことにより、紙にヨレが生じます。これがプリンター内部で必ずシールがめくれて剥がれる現象を起こし、機関部に張り付くのです

これは、ページプリンタのみならずインクジェットでも起こっていました

 

1つのラベルだけが欲しいのに、シート1枚を無駄にする

というのは非効率すぎます。

そしてラベルが欲しい時は、だいたい1枚だけです

 

いろんなページプリンターを試し、いろんなインクジェットも試し、いろんなメーカーのラベルシールを試しましたが、ことごとく失敗し続けました

 

そこで、長年泣く泣くテプラを使い続けてました

                                                    いや、本当に泣いてはいません   長年すごく愛用させていただきました 

 

 

 

そして、ある日  このエーワンのラベルシートに出会いました

目から鱗が落ちましたね!(笑)

 

長年の夢だったのですよ。  こういう使い方ができるのが。

エーワン まじすげぇ! と思いましたよ

 

 

もちろん、すべてのプリンターで問題なく使えるとはいかないでしょう

メーカー別に  いろんな内部ローラーの形がありますからね

少なくとも私が使ってるNEC MultiWriter 5750Cではまず引っかかりません

内部ローラーで何度も紙を曲げられるページプリンター(レーザープリンター)でも引っかからないのですから、インクジェットならほぼ大丈夫じゃないかなと思います

 

 

こんなに簡単に いろんなラベルが作れる

エーワンのラベルシール   本当にお勧めですよ